読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

scroogled.com

Googleによるプライバシー侵害を糾弾するためにMicrosoftが作ったサイト
http://www.scroogled.com/
を読みました。
gmailは、利用者のプライバシーであるメール本文を読み取って、広告業者に売っている、
そして、Microsoftはそのようなことは決してしない、という内容。

まあ、利用者に理解させる気がないならダメだけど、明示して、同意させている分には、普通かなあ。
広告業者に渡している内容はヤバいほどプライバシーではないデータだろうとgoogleを信用しているから、安全かどうかは見えないけれど、とりたてて気にはしていないというのが精確なところ。
広告問題に関わらず、メールサービスを提供するマイクロソフトもメール本文を読もうと思えば読めるわけで、MSがメール本文を読むことはないと信用しているのと同じ程度にgoogleを信用しているわけです。
もちろんgoogleが広告業者に渡しているデータが不適切なものであれば、それを広告業者がどう取り扱うかはgoogleの評価とは無関係に低いので、google自体の信用失墜になるなのは間違いないですね。

個人的には、広告のジャンル選択などよりも、結果として表示された広告のリンク先そのものの質の良し悪し、つまりAdSense広告とBing広告(だっけ?)、それぞれの詐欺・悪質サイトの監視と事前駆除の実態が気になったりします。たとえばYahoo(.com)の広告は最悪ですよね。

あと気になったのは、
私のようにほとんどgmail.comにアクセスせず、転送させて読んでいる、あるいはpopやimapで読んでいる場合にはadsense広告が表示されてこないわけだけれど、その場合にどんなデータを収集、集積して、また誰かに渡したりしているのだろうかというあたり。